ワインでよく聞くペアリングってジンにもあるの?クラフトジンおススメの飲み方と相性抜群な料理3選

August 29,2022

Share:

ワインの話をするきによく聞く「ペアリング」や「マリアージュ」という言葉。"相性の良い料理との組み合わせ”という意味で特に「ワイン」界隈で使われますが、ワインに限らず、お酒と相性がいい料理というのは必ずあります。

ジンにももちろん相性が良い料理というものがあるのですが、ワインと違ってジンは「ストレート」「ロック」「ソーダ割」など飲み方がバライティ豊富なので、「これっ!」というペアリング相手(料理)を見つけるのは難しいかもしれません。
と、いうわけで、今回はジンと相性のいい料理を、飲み方と一緒にご紹介します!

ジン・トニック × スパイスカレー

いきなりのド本命です🤩
一説には、"赤ワイン×牛肉”以上に相性が良いと言われているほどのペアリング!
この組み合わせは、私たちGinpsyも何度が検証しており、その模様をYouTubeで配信しているので、よかったらご覧ください✨

ゲスト出演してくださった"とある方”は、以下のようにジン・トニックとスパイスカレーについて熱く語っておられました。

  • "自宅でカレーをつくった時は、必ずジン・トニックを造ります!なかでも『ストックホルムブランネリ ネイビージン』とカレーとの相性は抜群です!!"

    • &SPIRITS 黒田さん



ジン・ソーダ × 鳥のからあげ

酒全般と相性が良い🍗鳥のからあげ🍗
もちろん、ジンとの相性も抜群です✨✨

特にジンのソーダ割(BARではジンリッキーと呼ばれます)は甘くなく炭酸でスッキリしていることもあり、レモンサワーやハイボールに近い感覚で唐揚げとの組み合わせを楽しめます!

ジン・ストレート × 鯖塩焼き

これは少しハードル高め💦💦

一般的なジンはアルコール度数が40%前後のものが多いので、ご自分の耐性に応じて水かソーダで割ってもいいかもしれません。

また、柑橘系のフルーティーなジン🍸をよく合うと思います。
脂がのった鯖の塩焼きを食べ、その後舌を包み込み口いっぱいに広がるジンの香りを、お楽しみください😊

おまけ:ジンの個性に合わせたペアリング

これまで紹介した内容は、スーパーや飲み屋さんで飲める一般的なジンを想定しましたが、日本では個性豊かなクラフトジンが各地で製造されており、造り手渾身の想いが詰まったクラフトスピリッツ溢れるジンを愛飲する方も多くいらっしゃいます。

私たちGinpsyも、日本人の味覚に合った飲みやすいジン造りに挑戦しており、それぞれのジンに相性が良い料理を商品ページで紹介しています!

ぜひ一度、ご覧ください✨✨

SALE 15%

¥2,975¥3,500

オリエンタルスパイスの香りが余韻を感じさせ、ジンがはじめての方にも飲みやすい味わい。飲んだ瞬間に口いっぱいにフルーティーでフローラルな香りが広がります。

SALE 15%

¥2,975¥3,500

緑々しさとスパイシー、フローラルな香りが豊かに折り重なる温かみのあるウッディさと、穏やかでスモーキーな風味に仕上げました。ジンっぽさをしっかり残しつつ「新しさ」を追求した逸品です。